八千代の葬儀ではくぎ打ちの儀は行いません

subpage01

一般的には八千代で葬儀、告別式が閉会となった後遺族、親族、会葬者の順で棺の中へ生花を1輪ずつ入れる、別れ花という儀式が行われます。


使用する生花は供花であることが多いようです。


葬儀社が祭壇に飾ってある供花をお盆の上に載せてくれるので、そこから1本ずつ取って棺の中に入れ、故人の周りを花で囲み最後のお別れをします。

様々な種類の八千代の葬儀の情報ならお任せください。

棺にいっしょに入れてあげたいものがあれば、この時に入れてください。

遺族は個人があの世で困らないようにという思いから、メガネや入れ歯も入れたくなりますが燃やすことができないものは入れられません。
もしどうしても入れたいときは火葬後、骨壺の中に収めることができる場合もありますので八千代の葬儀社に、相談してみてください。

棺の中の故人を生花で囲み愛用品を入れたら、棺の蓋を閉じます。

宗派地域によってはくぎ打ちの儀と言って故人と血縁の深い順に、石で1人2回ずつ棺にくぎを打つ真似をする儀式を行うことがあります。
石を使う由来には様々な説がありますが、石を三途の川の河原の石とみなし、故人が無事冥途につくようにと願いを込めるという意味があるとも言われています。

OKWave情報が満載です。

くぎ打ちの儀などの儀式は宗派や地域、火葬場のある自治体などでいろいろと違います。
たとえば八千代では、火葬炉に収める前にもう一度故人と最後の対面ができるようにと、くぎ打ちをしないことがほとんどになっています。

棺の蓋が閉められると、出棺前の遺族代表のあいさつとなります。